額賀財務相:「現下の為替相場は過度な動き」-米欧と連携し動向注視

額賀福志郎財務相は18日午前の閣議後会見 で、ドル円相場が前日、一時1ドル=95円台に突入するなど大幅な変動をして いることを受けて、「現下の為替相場は過度な動きで懸念している」とした上で、 「今後は米欧とよく連携をとって相場動向を注視していきたい」との認識をあ らためて示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。