ゴールドマン、強気派アビー・コーエン氏をS&P500種担当から外す

ゴールドマン・サックス・グループ の主任投資ストラテジスト、アビー・ジョゼフ・コーエン氏(56)は同 社のS&P500種株価指数予想を後任に引き継ぐことが17日、明らかに なった。

ゴールドマンの広報担当者エド・キャナデー氏(ニューヨーク在 勤)はインタビューで、米投資ストラテジスト、デービッド・コスティ ン氏が同社のS&P500種株価指数見通しを担当すると明らかにした。 コスティン氏はこの日、S&P500種株価指数は現水準から10%下落し 1160ポイントを付けた後、年末までには1380ポイントに反発するとの 予想を明らかにした。

コーエン氏の最後の公式予想によると、S&P500種は08年末には 現行水準を32%上回る1675ポイント。ブルームバーグがまとめた14人 の金融市場関係者予想の中で最も強気に位置する。

キャナデー氏はまた電子メールで、「コーエン氏は引き続き世界中 の顧客と会見し、長期的な市場動向に焦点を絞った金融市場に関するコ メントを提供していく」と説明した。コーエン氏の新しい肩書きは「上 席投資ストラテジスト」になるという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE