第4四半期の米経常収支赤字:1729億ドルに縮小、過去3年で最低

米商務省が17日に発表した2007年 第4四半期(10-12月)の経常収支は1729億ドルの赤字と、赤字幅が 過去3年で最低となった。海外投資家による米資産投資からの利益が縮 小した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央 値は1838億ドルの赤字だった。前期の赤字額は1774億ドルと、速報値 の1785億ドルの赤字から修正された。

2007年の経常赤字額は7386億ドルで、前年の8115億ドルから縮小 した。2007年の経常赤字額は対国内総生産(GDP)比5.3%と、2006 年の過去最高水準6.2%から低下した。

第4四半期の財・サービスを合わせた貿易収支は1779億ドルの赤字 と、前期(1726億ドル)を上回った。

一方、所得収支は330億ドルの黒字と、前期の213億ドルの黒字か ら増加。米資産投資に対する海外投資家の利益減少を反映した。

移転収支は281億ドルの赤字と、前期の262億ドルの赤字から赤字 額が拡大した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE