日本株(終了)日経平均12000円割れ、米証券の実質破たんと円高直撃

週明けの東京株式相場は大幅続落し、日 経平均株価は2005年8月以来の1万2000円割れとなった。米大手証券ベア ー・スターンズの実質破たんなど米金融システムの混乱、1ドル=95円台へ の円高加速から、景気や企業収益に対する警戒が高まった。三菱UFJフィナ ンシャル・グループは4年ぶりの安値。東証業種別33指数はすべて下げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。