町村官房長官:為替相場の過度な動きを懸念、水準にコメントせず(2

町村信孝官房長官は17日午前の記者会見で、 外国為替市場でドルが対円で1ドル=95円台を記録するなど円高ドル安が急 激に進行していることについて、「過度な変動が日本経済にとって、世界経済に とって決して好ましいことではない。現在の状況下での過度な動きを懸念してい る」と語った。具体的な為替水準について「特にコメントしない」と述べるにとどめ た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。