日経平均は05年8月来の12000割れ、信用不安と円高加速で全面安に

週明け朝方の東京株式相場は、大幅安で 始まっている。米大手証券ベアー・スターンズの株価急落など米金融システム の混乱、1ドル=97円台への円高加速に対する警戒から、輸出関連株や金融株 中心に幅広く売りが先行。トヨタ自動車は約2カ月ぶりに5000円を下回り、 みずほフィナンシャルグループは52週安値を更新。日経平均株価は05年8月 10日以来の1万2000円割れ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。