米、公定歩合を0.25%引き下げ-Pディーラーの借り入れ可能に(2)

米連邦準備制度理事会(FRB)は16日、 公定歩合を0.25ポイント引き下げ3.25%とすることを決定した。また、プライ マリーディーラー(米政府証券公認ディーラー)が公定歩合で借り入れること を可能にする措置を発表した。担保として「幅広い」投資適格級の証券を受け 入れる。

FRBはまた、公定歩合が適用される窓口貸し出しの最長期間を30日から 90日に延長。さらに、JPモルガン・チェースとベアー・スターンズが発表し た資金融通の取り決めを承認したことを明らかにした。

公定歩合が3.5%から3.25%に引き下げられたことで、フェデラルファン ド(FF)金利の誘導目標との格差は0.5ポイントから0.25ポイントに縮小。 プライマリーディーラーは17日から少なくとも半年間、新たな貸し出し措置に 基づき、公定歩合での借り入れが可能になる。

FRBは今回の措置について「市場の流動性を高め、市場の秩序ある機能 を促がすためのものだ」と説明。「経済成長の促進には、流動性があり、良好に 機能する市場が不可欠だ」と指摘した。

バーナンキFRB議長は、金融市場の緊張が市場の大規模なメルトダウン につながるのを阻止する努力を強化している。FRBは先週、ベアー・スター ンズへの緊急融資枠を設定し、1960年代以来初めて銀行以外に対する支援を実 施。最大2000億ドル相当の米国債を貸与する資金供給計画も発表した。

投資家は米連邦公開市場委員会(FOMC)が18日に、FF金利の誘導目 標を最大1ポイント引き下げ2%にすると予想している。予想通りなら、利下 げ幅は、約20年前にFF金利が金融政策の主な運用手段となって以降最大だっ た1月22日(0.75ポイント)を上回る。

-- Editor: Chris Wellisz, Daniel Moss

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Eiji Toshi 記事に関する記者への問い合わせ先: Scott Lanman in Washington at +1-202-624-1934 or slanman@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +1-202-624-1972 or canstey@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE