債券先物が大幅高、円高・株安で6月物141円台―超長期は安い(終了)

債券相場は大幅高(利回りは低下)。前週 末の米国市場で信用不安の高まりから株安・債券高となったうえに、日経平均 株価が円高・ドル安を背景に1万2000円の大台を割り込んだことで、先物を中 心に買いが膨らんだ。中心限月は日中で2005年7月以来の141円台に乗せた。 一方、あすに入札を控える20年など超長期債は下落。長期債相場も下げに転じ た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。