東京製鉄:4月も全品種値上げ-鉄スクラップ高騰で史上最高値

電炉最大手の東京製鉄は17日、4月契約分 の鋼材全品種について一般流通価格を1トン当たり前月比1万5000円(最大 19%)値上げすると発表した。2、3月に引き続き、主原料の鉄スクラップが 高値を更新しているうえ、マンガンやニッケルなど副原料、エネルギー価格の 上昇が続いており、3カ月連続と異例の値上げに踏み切る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。