自民・民主:暫定税率存廃めぐり対立鮮明-道路関連法案修正問題

月末に期限切れとなる揮発油税(ガソリン 税)などの暫定税率の維持を柱とする政府提出の道路特定財源関連法案の修正問 題に関し、自民、民主両党の幹部らが16日、テレビ番組で舌戦を展開した。こ の中で、民主党幹部が一般財源化と暫定税率の廃止を相次いで要求。これに対し、 自民党税制調査会の与謝野馨小委員長は暫定税率の廃止は困難との認識を表明し、 暫定税率の存廃をめぐる両党の対立が鮮明になった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。