短期市場:翌日物金利は0.5%を上回って推移か、新積み期入りで需要

短期金融市場の無担保コール翌日物は、日 本銀行の誘導目標である0.50%をやや上回って推移しそうだ。この日から準備 預金の新しい積み期間(3月16日―4月15日)に入ることや3月決算期末を 意識した取引で金融機関の資金需要が強まるとみられる。朝方に翌日物が上昇 すると、日銀は定例金融調節で即日分の資金供給オペを実施する可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。