米上院財政委、政府系ファンドに対する課税措置の見直しに着手

米上院財政委員会が、海外の政府系ファン ドに適用する税制の見直しに着手したことを明らかにした。シティグループや メリルリンチなどの金融機関が政府系ファンドに計240億ドル(約2兆4000億 円)相当の株式を売却したのを受けた措置。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。