サッポロH:米スティールと会談へ-提案内容の詳細説明を要求(2)

ビール国内3位のサッポロホールディング スは14日、同社に友好的TOB(株式公開買い付け)による買収を提案してい る米系投資ファンドのスティール・パートナーズと会談することを決めたと発 表した。サッポロは同日に開いた取締役会で、スティールとの話し合いをする ことを決議し、その旨をスティール側にも通知した。

スティールは10日、昨年2月に提示した買収提案の内容を修正し、協議に 応じるよう呼びかけていた。サッポロは会談を通じて、これまでに提供されな かった必要情報の再確認などを含めて詳細な説明を求めていく方針。

修正案では、TOBによる株式取得を当初の66.6%から33.3%に引き下げ、 株主総会において重要事項への拒否権を持たない保有比率に変更した。当初の 買収案に「反対」を表明したサッポロ経営陣に対し、経営権にこだわっていな い姿勢を示した。一方、TOB価格は1株825円から875円に引き上げた。ス ティールは2007年1月時点でサッポロ株19%程度を保有する筆頭株主となって いる。

サッポロHの株価終値は前日比1円(0.1%)高の782円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE