財務相:為替相場の過度の変動は世界経済にとって望ましくない

額賀福志郎財務相は14日午前の閣議後会 見で、前日の外国為替市場で円が一時1995年以来の1ドル=100円を突破した ことについて、「為替の水準について特別にコメントすることは控えたい」と ながらも、「為替相場の過度の変動は世界経済の成長にとって望ましくない」 との認識をあらためて示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。