ジャンク債のデフォルト率、今後1年で10%に上昇も-クラリデン

クラリデン・ロイ(チューリヒ)の ファンドマネジャー、ゴンザロ・ボーハ氏は14日、高リスク・高利回り 債のデフォルト(債務不履行)率が今後1年間で約10%に上昇する可能 性があると指摘した。投資家が要求する上乗せ利回りを理由に挙げた。 同氏が予想するデフォルト率は格付け各社予想の約2倍に相当する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。