「きぼう」取り付けへ、国際宇宙ステーションで船外活動開始-NASA

米航空宇宙局(NASA)はウェブサイ トで、スペースシャトル「エンデバー」搭乗の2人の宇宙飛行士が、日本の実験 棟「きぼう」の船内保管室取り付けに向け、ニューヨーク時間13日午後9時 18分(日本時間14日午前10時18分)に船外活動を開始したと発表した。船 内保管室は国際宇宙ステーション(ISS)に取り付ける。

船外活動を担当しているのはリック・リネハン、ギャレット・リーズマン 両飛行士で、実験棟をシャトルからISSに移設する準備に当たっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE