金融庁:足利銀を野村系ファンドに3000億円で譲渡-再民営化完了(4)

金融庁は14日、一時国有化中の足利銀行 の譲渡先として野村ホールディングス系ファンド連合を選定したと発表した。 野村側の負担額は、株式譲渡金額1200億円、新株引き受け1600億円、地元企 業による出資など合計3000億円程度になる見通しだ。これにより不良債権問題 で破たんし、一時国有化された銀行の再民営化が完了する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。