ジュネーブの米朝協議、北朝鮮の核申告問題で合意なし-米国務次官補

北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議で米首 席代表を務めるヒル米国務次官補は13日、北朝鮮の金桂冠外務次官とスイスの ジュネーブで会談した。ただ、争点となっている北朝鮮の核申告問題で合意を引 き出せず、こう着状態が続いた。

約8時間の会談後、ヒル次官補は同日遅く記者団に対し「前進をもたらす合 意に達することができなかった」と語った上で、「より速いペースで動かなけれ ばならないのは明らかだ」と指摘。米朝間の今後の交渉に関しては予定を決めて おらず、双方が今回の会談内容を政府に報告すると説明した。

昨年12月31日が期限となっていたすべての核計画の申告を北朝鮮が実施 しなかったため、6カ国協議は停滞している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE