香港株(午前):続落、原油高や信用損失を懸念-Sinopec安い

午前の香港株式相場は続落。前半は堅調に 推移したものの、原油高に伴う企業の利益悪化や信用損失拡大による世界的な 成長鈍化への懸念からマイナス圏に沈んだ。

中国最大の製油会社、中国石油化工(Sinopec)は、終値ベースで 1年ぶりの安値となる見込みだ。中国最大の航空会社、中国南方航空(ZNH US) も約7カ月ぶりの安値となっている。

ナイキなどのスポーツシューズ製造で世界最大手の裕元工業(集団)も安 い。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、サブプライ ムローン(信用力が低い個人向け住宅ローン)関連の評価損に歯止めがかかる めどが立ったとの認識を示したものの、世界的な景気減速の見通しは根強い。

UOBケイ・ヒアンの法人セールスディレクター、スティーブン・レオン 氏は「買い手が不在だ。状況は本当に悪い」と語った。

指標のハンセン指数は前日比150.13ポイント(0.7%)安の22151.51で午 前の取引を終了。一時は2%高となる場面があった。今週これまでの騰落率は マイナス1.6%。先週はマイナス7.5%だった。ハンセン中国企業株(H株)指 数は同2%安の11846.97。

-- Editor: Sam Waite

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Hanny Wan in Hong Kong at +852-2977-6601 or hwan3@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey in Hong Kong at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE