東京外為:ドル売り鈍化、下落スピードに警戒感-101円ちょうど前後

午前の東京外国為替市場ではドルがやや値 を戻す展開となっている。ドル・円相場は1ドル=101円ちょうどを挟んだ水準 で、前日のニューヨーク時間午後遅くに付けた100円65銭からドルが水準を切 り上げて推移している。米国のリセッション(景気後退)懸念や信用収縮不安 を背景にドルの上値が抑えられる一方で、ドル安の進行スピードに警戒感も生 じやすく、日米の株価持ち直しも相まって、ドル売り持ち高の調整圧力が強ま っている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。