東京外為:ドルもみ合い、米景気懸念や信用不安が重し-100円台後半

午前の東京外国為替市場ではドル・円相場 が1ドル=100円台後半を中心にもみ合った。米サブプライム(信用力の低い借 り手向け)住宅ローンに絡む金融機関の評価損が収束に向かうとの見方を背景 に、日米の株価が反発したことから、リスク回避に伴うドル売り・円買いが鈍 化。しかし、米国のリセッション(景気後退)懸念や信用収縮不安は根深く、 ドルの上値は抑えられた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。