伊吹氏:市場介入「日本だけでは困難」-適正評価ならドルを支持(2)

自民党の伊吹文明幹事長は14日午前、国会 内での記者会見で、1ドル=100円台と円高基調の外国為替相場を踏まえ、日 本の通貨当局による円売り・ドル買いの市場介入の必要性について、「介入によ って操作するかどうかだが、今の経済情勢、通貨政策から言って、日本だけでは なかなか難しいだろう」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。