米ヤフーの取締役指名延期でMSが買収額引き下げも-サンフォード

サンフォード・C・バーンスティーンの13 日付のリポートによれば、インターネット検索エンジン大手の米ヤフーが取締 役指名の期限延長を決定したことで、同社に買収を提案している米マイクロソ フト(MS)が提示額を引き下げるリスクが高まっている。ヤフーの株価は13 日、3.3%下落した。

マイクロソフトによる446億ドル(約4兆5000億円)規模の買収提案に 抵抗しているヤフーは先週、株主年次総会の日程発表後に、この期限を14日か ら10日後に延期した。サンフォードのアナリスト、ジェフリー・リンゼー氏は、 これは来月のヤフーの1-3月(第1四半期)決算発表まで、マイクロソフト が新たな取締役候補者を立てる必要がなくなることを意味すると指摘した。同 氏は今回のヤフー決算について、「平凡」と予想している。

同氏はリポートで、「ヤフー経営陣に代替案がある、もしくは素晴らしい決 算内容が見込まれているのでなければ(どちらの場合も可能性はわずかとみて いるが)、この戦略はマイクロソフトが現在の買収案を撤回し、後でより低い提 示額を示すリスクを生んでいる」と指摘した。同氏のヤフー株に対する投資判 断は「ホールド」。

ヤフーの13日の株価終値は前日比95セント安の27.50ドル。マイクロソ フトによる買収提案前の2年で半分に落ち込んでいた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE