大田経財相:円高、原油高が企業収益を圧迫-米経済には十分警戒

大田弘子経済財政政策担当相は13日午前の 参院予算委員会で、米国のサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン 問題が日本経済に及ぼす影響について、「ドル安に伴う円高、原油高が企業収益 に悪影響をもたらしつつある」と述べ、「特に中小企業の収益が急速に圧迫され つつある」との認識を示した。自民党の吉村剛太郎氏への答弁。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。