UBS:対ヘッジファンド無担保融資を否定-カーライル問題で株下落

スイスの銀行大手UBSは13日、ヘッジ ファンドに対し無担保の融資をしてはいないと表明した。同社の株価は米投資 会社カーライル・グループ傘下の住宅ローン担保証券(MBS)ファンド、カ ーライル・キャピタル破たんへの懸念から、この日のスイス市場で一時、7.8% 安となった。

UBSの広報担当者タチアナ・ドムク氏は「ヘッジファンドを相手とした 当社のトレーディングと融資活動はすべて、有担保の取引だ」と述べた。担保 資産は「多様で流動性がある」と付け加えた。

カーライル・キャピタルが債務再編をめぐり債権団との合意に至らなかっ たことを受けて、ブルームバーグ欧州銀行・金融サービス指数の構成60銘柄す べてが下落した。債権団はカーライル・キャピタルに4億ドル(約400億円) 超の追加担保差し出しを求めた。同ファンドによると、12日時点で約166億ド ルの債務がデフォルト(債務不履行)に陥っている。

ドムク氏はUBSにカーライルとの取引があるかどうかは明らかにしなか った。UBS株はチューリヒ時間午後3時28分(日本時間午後11時28分)現 在、1.24スイス・フラン安の29.70スイス・フラン。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE