米住宅差し押さえ、2月は前年比60%増-金利切り替えや価格下落で

住宅差し押さえに関するデータを販売する 米リアルティトラックが13日に発表したデータによると、2月の米住宅差し押 さえ申請は前年同月比60%増え、銀行が担保権を実行し差し押さえた物件数は 2倍余りに増えた。変動金利型住宅ローン(ARM)の金利が切り上がる一方で、 住宅価格下落のなか売却や借り換えも困難なことが背景。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。