官房長官:為替・株価水準にコメントしないが動向は関心持ち注視

町村信孝官房長官は13日午後の記者会見で、 株安と円高が進行していることについて「特定の水準が適切であるとかないとか、 高すぎるとか低すぎるとかいうことを申し上げるのは適切ではない」としながらも、 「動向がどういうふうに日本経済に影響を与えるかということもある。最大の関心 をもって見守っていくということだ」と語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。