鉄連:豪BHPによるリオ買収計画で公取委に調査を正式要請

日本鉄鋼連盟の馬田一会長(JFEスチー ル社長)は13日、豪BHPビリトンによる英豪系リオ・ティントの買収計画に ついて、実現すれば鉄鉱石と原料炭の一層の寡占化が進むとして、公正取引委 員会に対して、調査など必要な措置を取るよう正式に要請したと発表した。

日本の公取委は法的に海外企業による市場寡占化に対して法的拘束力を持 たないが、英豪の独禁法当局との協力などにより、買収計画を阻止できるよう な措置の検討を促した格好だ。国内鉄鋼大手はこれまで各社が公取委に対して 同様の要請を行ってきたが、鉄連として正式に要請するのは初めて。

鉄連では、「買収が実現すると供給側における競争が実質的に制限され、公 正な価格形成を損ない、原料価格の更なる高騰は鉄鋼業界のみならず産業・消 費者にも深刻な影響を及ぼしかねない」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE