日本株(終了)安値更新、信用不安と円急伸を警戒-金融や輸出に売り

東京株式相場は3営業日ぶりに大幅反落。 日経平均株価とTOPIXがともに昨年来安値を更新し、終値ベースでは 2005年8月来の水準に落ち込んだ。東証1部銘柄の9割近くが下げるほぼ全 面安の中、信用不安の再燃を背景に金融や不動産株の下げが目立った。外国為 替市場で1ドル=100円に接近する円高が進んだことで、午後の取引では採算 悪化懸念から自動車や電機、精密機器など輸出関連株を中心に下げが拡大した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。

あわせて読みたい: