出井氏:日本で21世紀型技術開発-アジアで「知のネットワーク」構築

元ソニー会長兼最高経営責任者(CE O)で現在はグローバル企業の育成支援やコンサルティング事業を手掛ける新 会社クオンタムリープ(東京都千代田区)の出井伸之代表取締役はブルームバ ーグ・ニュースとのインタビューで、同社設立の狙いや円高、グローバル経済 の見通しなどについて語った。主な発言は以下の通り。インタビューは7日に 都内で行った。

クオンタムリープ立ち上げの理由:

「日本は人口が減ってくる。高齢化により日本のマーケットはあまり成長 しないと思う。無理に成長させることもなく、アジアのマーケットを見てゆけ ばよい。そういうふうに考えると、大企業も中小企業もアジアにどんどん出て 行く必要がある。私のグローバルな経験を生かして小さい企業を育てながら、 初めから中国でやるなどの取り組みは結構面白いのではないかと考えている」

クオンタムリープで何をやりたいのか:

「日本で長期的に技術開発をやる。20世紀の技術ではなく、21世紀の技 術を自分のものにしたいと思う企業を見つけ、育てたいと考えている。日本は 組織力でこれまで勝ってきたわけだが、顔の見えない組織的な製造業ではなく、 京都大学の山中伸弥先生(教授)が開発した、様々な細胞に変化が可能な新型 万能細胞(iPS細胞)のように、知識産業というものに変わってきている」

ことしもフォーラム開催へ

具体的な計画は:

「一生懸命考えている。ひとつの会社ですべてができるわけではないが、 知のネットワークをつくってゆきたい。7月にもフォーラムを昨年に続き2回 目をやるが、10カ国程度が集まり、ディスカッションをしたい。テーマは環 境・新エネルギー技術を核とした新ビジネス・新産業創造など。あまり国境と かを意識せずにアジアで考えたほうが自然になってきている」

未来の変化をどう読むか:

「エレクトロニクス業界は、次世代では恐らく自動車となるだろう。すで にトヨタグループが採用している新卒やエンジニアの数は電子業界より多いか もしれない。10年経ってみれば、エレクトロニクス業界という言葉もなくなり、 20世紀的な産業の区別はなくなっている可能性もある」

「アジアは20年も経てば世界の国内総生産(GDP)の40%程度生み出 すだろう。そうすると、キャッチアップするのではなく、ここでバリューをつ くらないとまずい。いつも中国の人に言っているが、今までは大量生産だった が、これからは価値のあるものをつくらなければならない」

米国の時代から多極化へ

米国経済の弱体化が進んでいるような印象だが:

「多極化時代を迎えている。もうアメリカ一極集中、アメリカ一国の時代 は終わった。アメリカは自分の金融問題で転んでしまった。今のアメリカは日 本の1990年代に似ている。日本はアメリカだけに頼らないで、インドや中国 などと一緒にやっていくべき多極化の時代に入ったと言える」

景気状況をどうみるか:

「日本はもう既にリセッション(景気後退)入りしていると思う。これか ら日本の企業はアジア全体を見て行かなければならないはずで、国内の景気だ けに頼っている企業の先行きはあまり良くないだろう」

足元、円高が進んでいるがどうみているのか:

「私が1995年にソニーの社長になったとき1ドルは79円だった。79円で パニックになったかといえばならなかった。日本の強さはそこにある。円が安 いから困る、高いから困るではなく、政治が円のバリューを安定的に持ってい くことが重要だ」

「投機の対象に通貨がなることはよくない。いまは通貨そのものが商品に なっている。その意味では日本の国のファンダメンタルズ(経済の基礎的条 件)とはあまり関係ない。円高と騒いでいるが、それは通貨で商売している一 握りの人たちが困ったと騒いでいるだけで普通の製造業にはあまり関係ない」

中国の検索企業の社外取締役も

1月には日本に進出した中国の検索サイト最大手、百度の社外取締役に就 任したが、検索サイトのグローバル化をどうみているのか:

「グーグルとヤフーと検索エンジンの主要な会社はこれまでは英語をベー スに生まれてきた。恐らくグーグルは英語圏の検索トップを握るだろうが、日 本語、韓国語、中国語では、人々の興味は地域により全然違うと言える。アジ アをベースとした検索エンジンが出てくるのは当然だ。グーグルと百度は直接 のコンペティターではなく、僕自身も両方使っている」

「日本には、いまだに検索エンジンのサーバーを置いてはいけない法律が ある。著作権の関係のためだがこんなに鎖国していてよいのかとは考える」

--共同取材:鈴木宏、Editor: Masashi Hinoki、Tetsuki Murotani

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 松田 潔社 Kiyotaka Matsuda +81-3-3201-8694 kmatsuda@bloomberg.net 東京 鈴木 宏 Hiroshi Suzuki +81-3-3201-8352 hsuzuki5@bloomberg.net 東京 吉川淳子 Junko Kikkawa nh jtse +813-3201-7302 jkikkawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Peter Langan +81-3-3201-7241 plangan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE