日本の小型株は3割高も、PERは逆バブル-いちよし投資顧問秋野氏

いちよし投資顧問の秋野充成運用部長は、 ここ2年間の下落で割安に放置されている小型株が今後見直されていくと予想 している。世界の過剰流動性が維持されるうえ、PER(株価収益率)で見る と「逆バブル」の様相を呈し、見直し買いが入りやすいためだ。ジャスダック 指数は「年間3割の上昇もあり得る」という。秋野氏が12日のブルームバー グ・ニュースとのインタビューで語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。