第一三共が続落、米FDAは鉄欠乏性貧血薬を承認せず-業績修正要因

国内医薬品2位の第一三共の株価が続落。 米国子会社が申請していた鉄欠乏性貧血治療剤「インジェクタファー」が米食 品医薬品局(FDA)の承認を得られなかった。安全性に関する追加データな どの提出でコストがかかるため、今後の業績を押し下げる要因になるとの声も 出て、売りが優勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。