長期金利は1.25%まで低下も、日銀利下げに現実味―ドル100円割れで

外国為替市場で、円相場が1ドル=100円 の大台を割り込んだ。円高がドルだけでなく、ユーロやアジア通貨に対しても進 行すれば、企業業績悪化への懸念が一段と強まり、株価下落を加速させ、債券の 買い材料になる。輸入物価上昇の抑制要因になることで、日銀の利下げも現実味 を帯びてくる。新発10年債利回りは2005年7月以来の低水準となる1.25%ま で下がるとの見方も出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。