香港株(午前):上昇、米FRBの資金供給策を好感-HSBC高い

午前の香港株式相場は上昇。米連邦準備 制度理事会(FRB)が、銀行間貸し出しのてこ入れやリセッション(景気後 退)回避を目指して最大2000億ドル(約20兆6000億円)の資金供給策を発 表したことを好感し、指数は約2週間ぶりの大幅高となっている。

JPモルガン・チェース中国株式部門のジン・ウルリッヒ会長(香港在 勤)は「市場は流動性を必要としていた」と指摘。今回の「資金供給は市場を 後押ししている」と述べた。

ハンセン指数は香港時間午後零時半(日本時間同1時半)現在、前日比

516.92ポイント(2.3%)高の23512.27。ハンセン中国企業株(H株)指数は 同3.3%高の12997.63。両指数とも、2月27日以来の大幅高となっている。

金融のHSBCホールディングス(5 HK)は1.6%上昇しており、このま まいけば終値は1月10日以来の高水準となりそうだ。米ウォルマート・スト アーズが取引先の商社、リー・アンド・ファン(494 HK)は3.6%高。ハンセ ン指数を構成する43銘柄中、33銘柄が上昇し、6銘柄が下げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE