英銀の格付けに不安材料、収益「不透明」と評価損の可能性-S&P

格付け会社スタンダード・プアーズ(S& P)は12日、英国の銀行の将来の収益が「不透明」なことに加え評価損の可能 性があるとして、これらの銀行の格付けには不安材料があると指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。