英財務相:08年経済成長率予想を下方修正-信用コストが消費を圧迫

ダーリング英財務相は12日、予算案の議 会説明で、2008年の英経済成長率見通しを1.75-2.25%と、昨年10月時点で の2-2.5%から下方修正した。信用コストの上昇が個人消費や企業の設備投 資を圧迫しているのを背景に、この5カ月間で2度目の下方修正となった。

ダーリング財務相は、「米国の住宅ローン市場に端を発する世界的な金融 市場の混乱は米国からアジア、欧州に至るまで経済のあらゆる側面に影響を及 ぼしている」と語った。

2009年の経済成長率見通しは2.25-2.75%と、昨年10月9日時点の2.5 -3%から下方修正された。2010年は2.5-3%が見込まれている。

2007年10-12月期の経済成長率は0.6%と、約1年ぶりの低水準だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE