アジア株:続伸、FRBの2000億ドル国債貸与を好感-銀行株高い

アジア株は続伸。米連邦準備制度理事会(F RB)が信用逼迫(ひっぱく)を緩和するため最大2000億ドル(約20兆6000億 円)相当の米国債を入札方式で貸与する措置を発表したのを受け、前日の欧米株の 上昇に追随した。

豪コモンウェルス銀行は6週間余りで最大の上げ。トヨタ自動車や豪鉱山大手 のBHPビリトンも、FRBによる措置を背景に需要が回復するとの期待から買わ れた。

日本時間午後5時26分現在、MSCIアジア太平洋指数は前日比1.6%高の

140.08。指数を構成する10の産業グループのうち8業種が上昇した。年初から最 悪のパフォーマンスとなっていた金融株は、この日は産業グループの中で最大の上 げとなった。

RBCインベストメントの武田洋二ファンドマネジャー(香港在勤)は、FR Bの対策について「短期的にはコンフィデンスが回復し、住宅ローン担保証券など の価格下落が抑えられる。金融機関の評価損計上が緩和されるという期待もある」 と話した。

日経平均株価は前日比202円85銭(1.6%)高の1万2861円13銭で終了。オ ーストラリアのASX200指数は2.4%上昇と、先月14日以降で最大の値上がりと なった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE