香港株(終了):2週間で最大の上げ-FRBの流動性供給計画を好感

香港株式市場では、指標のハンセン指数が 2週間で最大の上昇となった。米連邦準備制度理事会(FRB)が米国債貸し出 しによって最大2000億ドル(約20兆6000億円)を米金融システムに注入する 計画を発表したことが好感された。

英金融大手のHSBCホールディングスは2カ月ぶり高値で終了。米ウォル マート・ストアーズが取引先の商社、リー・アンド・ファンは1週間余りでの最 高値で引けた。ハンルン・プロパティーズなど不動産株も、最近の下落は行き過 ぎとの見方から買い戻された。

ハンセン指数は前日比427.41ポイント(1.9%)高の23422.76で終了。 43銘柄中、上昇は30銘柄、下落は11銘柄、横ばいは2銘柄だった。ハンセン 中国企業株(H株)指数は2.3%高の12877.35。

HSBC(5 HK)は2.30香港ドル(1.9%)高の125.20香港ドルと1月 10日以来の高値。リー・アンド・ファン(494 HK)は80セント(2.8%)高の 29ドル。ハンルン・プロパティーズ(101 HK)は1.65香港ドル(6.5%)高の

27.10香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE