ソシエテ・ジェネラル株上昇、BNPが買収案検討との報道で買い(2)

12日のパリ市場で、仏銀ソシエテ・ジェ ネラルの株価が6.2%高となった。同業大手のBNPパリバが5月にソシエテ に買収を提案する公算があるとの仏紙トリビューヌの報道が手掛かり。

ソシエテ株価終値は4.17ユーロ高の71.11ユーロと、この1カ月余りで 最大の上昇となった。これに基づく時価総額は414億ユーロ(約6兆5500億 円)。

トリビューヌは、BNPがソシエテの年次株主総会が予定されている5月 27日の「数日前」に買収案を示す可能性があると報じた。情報源は明らかにし なかった。

BNPの広報担当者は「うわさに過ぎない」と述べた。ソシエテの広報担 当者は報道についてコメントを控えた。

ソシエテ・ジェネラルは1月に未承認取引による損失49億ユーロを出し て資本が目減りし、以来、買収対象となるとの観測がくすぶっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE