07年の米医薬品売上高、1961年以来の低い伸び-ジェネリック普及で

米調査会社IMSヘルスが12日発表したリ ポートによれば、2007年の米医薬品売上高の伸びは1961年以来で最低となっ た。安価なジェネリック(後発医薬品)が市場にあふれたことに加え、米当局 による新薬の販売承認件数が減少したためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。