FRB議長の米国債貸与策、直接の狙いは住宅ローン関連市場の修復

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB) 議長が示した信用市場の混乱を鎮めようとの最新の試みは、景気に最大の脅威と なっている住宅ローン関連市場の修復に向けたこれまでで最も直接的な働き掛 けとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。