2月の消費者態度指数は約5年ぶり低水準-消費マインド悪化進む(2)

今後半年間の消費者の購買意欲を示す消費者 態度指数(一般世帯)は、2月に前月比で5カ月連続低下し、約5年ぶりの低水 準に落ち込んだ。ガソリン、灯油、 食料品など生活必需品の値上げが引き続き家 計を直撃したほか、冷凍ギョーザ問題で物価上昇懸念に拍車が掛かり、消費者心 理の悪化が進んだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。