日本株:銀行や輸出中心に大幅続伸、米欧中銀の協調好感-なお課題も

午前の東京株式市場は大幅続伸。米連邦 準備制度理事会(FRB)など米欧の主要中央銀行が金融システム支援策を発 表したことで信用収縮不安が和らぎ、銀行や証券など金融株を買い戻す動きが 目立った。また、外国為替市場では急速な円高進行に歯止めがかかり、業績懸 念の緩和を背景に自動車や電機といった輸出関連株も上昇。昨年10-12月期 の実質GDP(国内総生産)改定値の下方修正幅が、想定ほど大きくなかった こともプラス要因だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。