英ファンドの保有判明でアマノ株が反発、資本政策要求も-BPS割れ

時間情報システムやパーキングシステム機 器などを手掛けるアマノの株価が反発。英投資ファンドのシルチェスター・イ ンターナショナル・インベスターズが発行済み株式の5%超を取得しているこ とが分かった。同ファンドが、会社側に資本政策の変更を要求する可能性を示 唆しており、株主還元策の積極化期待が広がったほか、ニッチな技術力、1株 純資産(BPS)を下回る割安な時価水準を見直す動きなどから、一時44円 (4.1%)高の1125円まで上げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。