債券は下落、米欧中銀の対策受けた米債安や株高で-GDP予想上回る

債券相場は下落(利回りは上昇)。前日の 海外市場で米連邦準備制度理事会(FRB)をはじめ米欧の中央銀行が新たな資 金供給策を発表したことを受け、株高・債券安となった地合いを踏襲。日経平均 株価が大幅続伸しており、円債市場は売り先行となった。朝方発表の前年10- 12月期実質国内総生産(GDP)改定値が市場予想を上回ったことも圧迫要因。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。