日経平均は13000円回復後に伸び悩み、根本解決至らず-上昇銘柄9割

午前の東京株式相場は大幅高ながら、日 経平均株価は1万3000円を回復した後にやや伸び悩み。信用不安の後退や為 替の円高一服を背景に、三菱UFJフィナンシャルグループやトヨタ自動車が 大幅に上昇するなど、時価総額の大きい金融や輸出関連株を中心に幅広く買い 戻されている。東証1部の値上がり銘柄数は1500弱で、全体の9割近くに達 する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。