ゴア前米副大統領の投資ファンド、募集終了へ-目標の50億ドルに迫る

社会的な責任に関する基準を満たす企業に 投資するアル・ゴア前米副大統領のファンド運営会社、ジェネレーション・イン ベストメント・マネジメントが、運用資産が目標の50億ドル(約5200億円)に 迫ったことから、主力の「グローバル・エクイティ・ファンド」の募集を打ち切 る計画であることが11日、分かった。

ゴア氏とジェネレーションの共同設立者デービッド・ブラッド氏はジュネー ブで記者団に対し、ジェネレーションが恐らく来月からファンドへの資金流入を 制限するだろうと語った。ゴア氏とブラッド氏は2004年にジェネレーションを 設立。ブラッド氏はゴールドマン・サックス・グループのバンカー出身。

気候変動の脅威に関する意識向上に貢献したとしてゴア氏と気候変動に関す る政府間パネル(IPCC)は07年のノーベル平和賞を受賞。同ファンドは、 環境問題への取り組みや従業員の扱いなどに関する基準を満たす企業に投資する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE