NY外為:ドルが対円で6カ月ぶり大幅高-FRBの米債貸与措置で(2)

ニューヨーク外国為替市場ではドルが円に 対して6カ月ぶりの大幅高を記録。米連邦準備制度理事会(FRB)が2000 億ドルの米国債貸与措置を発表したことから、リセッション(景気後退)回避 の見方が強まり、ドル買いが優勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。