アジア株:上昇に転じる、米金融当局の行動に期待-金融株持ち直し

11日のアジア株式相場は上昇に転じた。米 金融当局が景気下支えで新たな措置を導入することへの期待を背景に、自動車株 と金融株が持ち直した。

米金融当局が銀行以外の金融機関への融資を実施する可能性があるとの米 紙ウォールストリート・ジャーナルの報道を受け、韓国の自動車大手ヒュンダイ モーターカンパニー(現代自動車)や三菱UFJフィナンシャル・グループ(M UFG)が買われた。一方、金属相場下落を受け豪BHPビリトンなど資源株は 安い。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後5時21分現在、前日比0.6%高 の138.25。一時は1.2%安まで下げていた。2007年11月1日に付けた最高値 からは20%下落。

日経平均株価と韓国の総合株価指数はそれぞれ1%の上げ。選挙結果を嫌気 して10日に急落したマレーシア株は反発した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE