アジア株:3日続落、信用損失拡大の観測で-銀行株と鉱山株が安い

11日のアジア株式相場は3営業日続落。 信用市場の損失拡大の観測や金属相場下落を受け、銀行株と鉱山株を中心に下 げている。

三井住友フィナンシャルグループが金融株の下げを主導。米証券大手ベア ー・スターンズが流動性の危機にあるとの観測の否定に追われたことや、米モ ルガン・スタンレーが米銀大手の業績見通しを下方修正したことが響いた。金 属相場が7週間ぶりの大幅下落となるなか、世界最大の鉱山会社、オーストラ リアのBHPビリトンも値下がりした。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時4分現在、前日比0.9% 安の136.19と、1月22日以来の低水準となっている。日経平均株価は同

0.6%安の1万2452円01銭。オーストラリアのASX200指数は同0.9% 下げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE